藤堂俊輔 blog ネタ袋

いろいろなネタの覚書
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
 
まとめ

【内容:写真表現研究】
広告表現、新聞写真、写真編集、ソーシャルコミュニケーション、現代写真研究などの講義科目で構成しています。
【内容:写真表現】
広告写真、報道写真、ポートレート、建築写真などの実習科目で構成しています。
【新聞写真(写真表現研究II)】
新聞写真には約100年の歴史があり、今の写真に対する価値観を定着させた一つの媒体です。日々の技術革新により取材現場では過去には考えられない苦労があります。撮影から送稿、紙面掲載まで何が求められるようになったのでしょうか。時代を記録し、記憶させる新聞写真について学びます。
【写真編集(写真表現研究III)】
写真と編集は不可分なものです。写真集や雑誌媒体に作品を発表するとき、つねに編集者、デザイナーが介在しますが、撮影者自らが客観性と批判性を持った視点で、自分の作品見ることが求められます。写真編集の現状を理解しながら、実践的に写真レイアウトを身につけることを目標とします。

【ソーシャル・コミュニケーション(写真表現研究検法
特に現代アートの写真作品を紹介し、作品を通して社会や鑑賞者とのインターラクティブな写真表現を考察します。作品表現では、ともすると作る側から写真を考えることが多く、どのように写真が読まれるかを忘れがちです。効果的な写真のコミュニケーションにおいては、作り手自身が受け手の存在を意識し、その解釈や批判、写真の二次的使用などを考慮に入れながら表現することが重要です。特に作品のヴィジュアル・リテラシーに重点を置き、その応用として写真表現研究を行います。
【現代写真研究(写真表現研究后法
現代の写真表現における主要な作家や傾向等の現状に関する知識、及びレポート作成を通した初歩的な作品表現やコンセプトの分析と資料調査の方法論の修得を目指します。
【広告写真(写真表現機法禮告写真A>】
広告写真では、様々な対象を撮影することが要求されます。そのために、基本的な表現技術を修得することはもちろんのこと、常に新しい視覚を作り出せる力を養うことを目標とします。
【広告写真(写真表現機法禮告写真B>】
要求や狙いに応えるためにの技術と斬新なアイディアを融合させ、与えられた条件から最大の効率が求められる写真表現を探ります。伝わりの良い写真表現が提供できる広告写真家としての資質を創ることを目標とします。
【広告写真(写真表現機法禮告写真C>】
広告業務全般を考察し、広告制作における映像表現の基本をマスターします。撮影の目的を理解し、作品を撮ることの楽しさを体感しながら、こしらえる事への情熱を作品に定着させる力を養います。
【報道写真(写真表現供法
主に、内外のドキュメンタリーフォトの昨今を追いながら、現代の出版界の事情、未来展望を考えて、講義します。
【ポートレート(写真表現掘法
ポートレートの意味を考えながら、人物写真を撮る時に必要なスキル(ライティング、構図、ポーズ、演出方法など)を身につけていきます。一人ひとりが個性を伸ばしながら自分の世界を追求し、表現できるようにする事を目的とします。
【建築写真(写真表現検法
建築写真とは、いわゆる竣工・完成・記録写真といわれているものが一般的でしたが、建築物を被写体とした造形写真や建築群が主体となる風景写真、生活感あふれる都市景観写真、建築を主題とした風俗写真なども建築写真として広域に考えてもいいでしょう。アナログ写真撮影の歴史や基礎的な技術を学ぶとともに、デジタル写真の技法を習得し、最終的には近代建築から古建築まで幅広く建築物を被写体とした作品作りを進め、発表できるまでにすることを目標にします。


【カラープリント実習<銀塩>(写真技術I)】
写真作品の多くがカラー作品です。授業ではネガ・ポジ方式のカラープリントを通じて、写真における色彩の認識、各種撮影光源の性質、プリント観察光源の演色性、撮影/プリントにおける色の調整法の修得を目的とした実習を行います。また、付随するカラー写真の歴史、色彩原理についても考察します。正しい色の認識を身につけることを到達目標とします。
【カラープリント実習<デジタル>(写真技術I)】
デジタル写真は基本がカラー写真です。授業ではデジタルカラープリントに必要な色の概念、基礎知識の修得を目的として、講義、実習を行います。各種撮影光源の性質、観察光源の演色性、モニタ、プリンタにおける色の調整法を修得し、作品制作に活かすことを到達目標とします。
【ファインプリント(写真技術II)】
アンセル・アダムス等によって発展してきた黒白写真表現のオーソドックスな伝統を振り返りながら、完璧を目指したプリントを制作するという情熱を持って、今日的視点で自己表現の可能性を追求し、各種コンテスト等で作品発表ができるレベルを目標とします。
【特殊技法(写真技術III)】
写真画像作品を制作するための基礎的な技術の学習とその応用を考えます。
【プレゼンテーション(写真技術V)】
「写真」は撮ることから始まり、現像(画像加工)し、プリントに仕上げますが、その後のプレゼンテーションについてはなかなか実践できていないのではないでしょうか。まず、歴史的な写真や作家の写真(オリジナルプリント)を観ることから始めて、自分の作品を魅せることを実習で身につけましょう。 実際に美術館で行われている「マッティング=展示と保存方法」を実践的に学びながら、一枚の写真を作品として完成させ、それらを展示や発表すること「プレゼンテーション」の大切さを再考します。


写真作家作品研究
【内容】
写真が誕生してから現在にいたるまでで生み出された名作をもとに、それらの作品やその写真家たちが社会や他の芸術からどのような影響を受けたか、また与えたかを考察する。
【写真作家作品研究I】
写真が誕生してから今日まで約170年間の前半部分、すなわち1930年頃までに生み出された名作と活躍した写真家に多くを学ぼうとするものです。写真機材の進歩に目を見張り、それを操作し表現する私達の試行錯誤は大切なことです。すでに作られた優れた作品は様々の社会や時代とダイナミックに連動した、そして写す人間の感性がいかに重要かも暗示した、まさに写真は人なりです。先駆的写真家の生い立ちや重要作品の考察等によって、人と作品の基本的な理解を深めることを目標とします。
【写真作家作品研究II】
1900年頃から1960年頃までの通常、近代写真と呼ばれる作品を取り上げ、それらの作品やその写真家達が社会や他の芸術からどのような影響を受けたか、また与えたかを考察します。目標は近代写真に関する基礎的知識を身につけることであり、それらを自己の作品制作にいかしてもらう事を目的とします。

写真基礎演習
【内容】
写真の基礎的技術と理論を学びます。 1年次から3年次まで年次に合わせて知識や技術を深めていきます。
【写真基礎演習I】
写真作品の多くがカラー作品です。授業ではネガ・ポジ方式のカラープリントを通じて、写真における色彩の認識、各種撮影光源の性質、プリント観察光源の演色性、撮影/プリントにおける色の調整法の修得を目的とした実習を行います。また、付随するカラー写真の歴史、色彩原理についても考察します。正しい色の認識を身につけることを到達目標とします。
【写真基礎演習II(a)】
大型カメラの基礎的な技術の習得と共に、「記録」と「伝達」という写真の根源的な性質ついて深く考察し、自己が設定しうる様々なテーマへの研究アプローチについて学びます。また、この基礎学習の中で将来の研究及び制作活動を行うための基礎的知識の取得と基礎技術の習得を目標とします。
【写真基礎演習II(b)】
将来の研究および制作活動するために必要な基礎的知識を取得し、基礎技術を習得します。それぞれの目的に対して目に見える形態にすることとします。研究ならば研究発表、作品制作ならば展覧会等で発表することとします。
【写真基礎演習II(c)】
本格的な研究と制作活動をするために必要な基本知識の習得と技術の修練を目的とします。大型カメラの機能と使用法を理解し、スタジオライティング技術・モノクロプリント技術による写真表現が出来ることを目標とします。
【写真基礎演習II(d)】
本格的な研究と制作活動をするために必要な基本知識の習得と技術の修練を目的とします。 大型カメラの機能と使用法を理解し、スタジオライティング技術・モノクロプリント技術による写真表現が出来ることを目標とします。
【写真基礎演習II(e)】
将来の研究および制作活動するために必要な基礎的知識を習得し、基礎技術を習得します。それぞれの目的に対して目に見える形態にします。いずれの形態も最終的に発表することが目標とします。
【写真基礎演習III】
写真基礎演習I・IIを踏まえ各自の志向に合わせて専門の教員のクラスを選択し、それぞれの表現を発展させる。各自の興味と将来を見据えて選択できます。

写真色彩学
【内容】
色彩の諸現象を理解し、ビジュアル表現に応用し、目的に適ったビジュアル表現が色彩の使用によって達成できることを目標とします。
【写真色彩学概論】
色彩は写真などのビジュアル表現にとっては必要不可欠の構成要素です。色彩は様々な学問領域で研究の対象となっていますが、表現活動ではこれらの研究成果が色々な局面で活用されてきています。本講座は各領域の研究成果を幅広く紹介し、色彩に関する造形的な見識を深めることが目的であり、各テーマを造形表現への応用に関連づけて理解することが目標となります。
【写真色彩学応用】
色彩学の学習は、体験することによって確かな知識や技能が培われていくという特性があります。写真色彩学概論で学習した「造形のための色彩基礎理論」をベースにして、色をテーマにした様々な演習を通して、色彩を扱う技能を修得することが本講座の目的です。観察力や色の調整能力さらに表現基礎技能の向上を通して、目的に適ったビジュアル表現が色彩の使用によって達成できることを目標とします。

ゼミナールは14の専門のクラスから自分の表現傾向と将来の志向に合わせて選択します。
【クラスのテーマ】

コマーシャルフォトグラフィ
新聞写真とフォトジャーナリズム
じぶんを超えろ
写真の原点を探る
デジタルファインプリント
コンテンポラリーアートと写真術
写真の伝統と創造性
ヴィジュアル・コミュニケーション
ファインイメージング
写真作家作品研究
イメージの視覚化
アート・フォトグラフィー
個性と表現
フォト・ジャーナリズム

写真芸術学
内容】
写真発明の初期から今日に至る表現上の問題について、その歴史的経過の分析を通じて写真がもつ本来的な性格を探る。それを通じ、各人の未来への志向に対して個性的な対応が展開できるような基盤を築くことを目指す。
【内容詳細】
写真芸術学はすぐに役に立つような知識を学ぶためのものではなく、写真芸術の本質的な問題について考えてみる場です。写真を撮るばかりではなく、常にこのようなことを考えることによって、写真に対する理解を深め、将来写真に対して多元的で、主体的なアプローチができるような土台を築くためのものです。到達目標:写真発明の初期から今日に至る表現上の問題について、その歴史的通過の分析を通じて写真が持つ本来的な性格を探ります。それを通じ、各人の未来への志向に対して個性的な対応が展開できるような基盤を築くことを目指します。

カリキュラム

社会に対して、写真術を用いた有益な創造的活動を実践できる力を身に付けることを目標としてカリキュラムを構成します。
1・2年次においては、豊かな感性をもって自立した社会生活を営み、広く社会を見渡すための教養を身につけることと、写真全般を知るための基礎的知識や各専門領域の概論的知識と技能を平行して学ぶことで、自らの将来の専門性を正確に見定めるための機会を設けます。
3年次以降は、2年次までの学修を土台にして、各自の目指す専門領域に分かれ、卒業後の具体的な進路を想定したより高度な知識と技能についての学習の場を設けます。

写真の歴史は、大別するとカメラやレンズ等の機材の歴史、感光材料の歴史、表現の歴史等があり、それらが複雑に絡まりあいながら、大きな流れを形成したと考えられる。特に写真史の初期においては、この傾向が顕著であったということができよう。本授業では写真表現の歴史について、特に19〜20世紀の写真表現を中心に、写真技術の発達と表現の変遷について概観し、写真の専門家として必要な写真史の知識を習得する。

.イダンス
⊆命燭列嫐栖
19世紀の肖像写真
19世紀の旅行写真・風景写真・建築写真
ゼ命燭罰┣
自然主義写真とピクトリアリズム
Ф畭綣命燭遼覲け
都市の記録
新興写真の時代
新即物主義と写真
フォト ジャーナリズムの時代
アメリカ西海岸の写真家たち
現代写真のはじまり
日本の写真小史
まとめと試験

写真を効果的に機能させることを目的とした、写真の編集と展示など、写真を見せる手法(=フォトプレゼンテーション)について基礎的な知識を解説する。
写真のメディアとしての特性を理解し、効果的なプレゼンテーションが実践できる。

1. 写真を巡る状況I(表現とメディア)
2. 写真を巡る状況II (美術品としての写真)
3. 写真を巡る状況III(写真と現代美術)
4. 写真を巡る状況IV(写真と美術館)
5. 写真を巡る状況V(写真とマーケット)
6. プレゼンテーションI(時間と空間)
7. プレゼンテーションII(キーイメージとシークエンス)
8. プレゼンテーションIII(編集の技法)
9. プレゼンテーションIV(写真集とデザイン)
10. プレゼンテーションV(ポートフォリオ)
11. エキシビションI(企画と運営)
12. エキシビションII(構成と演出)
13. エキシビションIII(情報とデザイン)
14. エキシビションIV(空間と装置)
15. エキシビションV(展示の実際)

写真術発明期から現在にいたる主だった写真理論を取り上げて、社会における写真のさまざまなあり様について概説する。
1ガイダンス
2「カメラになった男視聴」(遅刻不可)

3写真と言葉
4写真と言葉
・中平卓馬の写真論、プロヴォーク、東松照明、ロラン・バルトの記号論、ベンヤミンの写真論
5写真と死
6写真と死
・ジェフリー・バッチェンのヴァナキュラー写真、古屋誠一、キリングフィールド、ロラン・バルトの『明るい部屋』
7写真の政治学
8写真の政治学
9写真の政治学
10写真の政治学
・プロパガンダ、富士山、人間の展示、原爆写真論、天皇の御真影、<報道写真>論、多木浩二の写真論、オリエンタリズムの写真、ソンタグの写真論、ファミリー・オブ・マン展ほか
11写真と自然1
12写真と自然2
・タルボット、杉本博司、宮崎学、アンドレ・バザンの写真論
13写真と共同体1
14写真と共同体2
・増山たづ子、ローマン・ヴィシュニアック、ユベルマンの写真論、絶滅収容所の写真、沖縄の祭祀世界、

本講義においては、写真表現の今日の状況を分析するための基礎的なキーワードを解説する。講義の前半6週をつかい、今日の写真表現を網羅的に概観し、写真表現のおかれている状況をおおよそ把握する。残り9週をつかって、写真表現を成り立たせている代表的な様式と技法を概観するが、そのことを基軸にして、写真表現の変遷と各時代の社会的背景についても目配せをすることで、様式や技法そのもののもつ今日的意義と歴史的意義の双方を理解できるようにする。

1.オリエンテーション
2.雑誌・コンテストにみる今日の写真事情1—国内編
3.雑誌・コンテストにみる今日の写真事情2—国内編
4.雑誌・コンテストにみる今日の写真事情3—海外編
5.木村伊兵衛写真賞1
6.木村伊兵衛写真賞2
7.ストレート写真
8.スナップショット
9.シリーズ写真1—シークエンス
10.シリーズ写真2—シンタックス
11.演出写真
12.マニピュレーション
13.現代美術としての写真1
14.現代美術としての写真2
15.まとめ

広告ビジネスを知らないフォトグラファは、コマーシャルの世界で通用しない。アートディレクションの知識を持たずに、的確なコマーシャルフォトは撮れない。将来フォトグラファとして広告業界と関わる際に、クリエイティブディレクターやアートディレクターとのコミュニケーションをスムーズにするため、必要な広告制作のノウハウを把握してもらう。
博報堂のクリエイティブ現場での実例をネタに、アートディレクターはどうビジュアルをつくるのか、広告として成立させていくのか、基本から具体的に紹介する。また、ブランディングや社会環境の変化への対応に至るまで、拡大し進化しつづけるアートディレクションの今を俯瞰的に見せる。

【01】オリエンテーション / さまざまなジャンルでのアートディレクション
【02】広告のアートディレクション
【03】アートディレクターとフォトグラファ
【04】ワークショップ : 広告の発想法
【05】広告表現(1)切り口発想
【06】広告表現(2)ビジュアルのひきだし
【07】広告表現(3)コピーとアート
【08】広告表現(4)コミュニケーションの手口
【09】アートディレクションと法務 / 質問に答える
【10】アートディレクターのプレゼンテーションと企画書
【11】ケーススタディ : ブランドを作るアートディレクション
【12】広告予算とアートディレクション / タレントとアートディレクション
【13】2016年ベスト・アートディレクション
【14】環境の変化とアートディレクション
【15】まとめ〜広告を仕事とするために

新聞広告、雑誌広告、駅貼ポスターなどを毎日よく見ておくこと。とくに良いアートと感じたものは、画像として保存しておくことが望ましい。
藤島 康著『広告の発想法で、人生ぜんぶうまくいく。』(小学館スクウェア刊)

写真企画編集気魎霑辰法⊆命燭鮟蕕瓠⇒諭垢丙酩覆魎覯茵淵灰鵐札廛函吠埆検兵衙 技法)に分け、解説する。
写真が作品として纏まるまでの工程において必要とされる具体的な知識や技術を解説する。

1.授業概要
2.企画と編集1 出版関係の仕事の概要
3.企画と編集2 雑誌とその他の本と写真集について
4.作品の分析1 いい作品とは何か。
5.作品の分析2 コンセプトと手法技法。
6.写真集を言葉で分解する。
7.ステートメント1 ステートメントを知る。
8.ステートメント2 ステートメント制作。
9.写真のアートフェアー
10.写真ビエンナーレ
11.写真の仕事。
12.撮影以外の写真の仕事1ギャラリスト
13.撮影以外の写真の仕事2アーティスト
14.これからの写真(作品と仕事)
15.まとめ

フォトプレゼンテーション気瞭睛討亡陲鼎、今日の写真表現の様々なあり方を、編集とプレゼンテーションの観点から分析し、解説する
1. ガイダンス
2. クリエイティブフォトI(スチルライフ)
3. クリエイティブフォトII(ストリートフォト)
4. クリエイティブフォトIII(ドキュメンタリー)
5. クリエイティブフォトIV(プライベートフォト)
6. フォトエディットI(写真の分解)
7. フォトエディットII(写真の連携)
8. フォトエディットIII(写真の比喩)
9. フォトエディットIV(写真の同一性)
10. プレゼンテーションI(準備)
11. プレゼンテーションII(技法)
12. プレゼンテーションIII(編集)
13. プレゼンテーションIV(構成)
14. プレゼンテーションV(発表)
15. まとめと試験

参考HP

参考ホームページ集

 

イルフォード

http://www.ilford.co.jp

 

自分たちのインタビュー記事

http://ganref.jp/common/special/epson1607/

 

本田勝彦氏レビュー

https://ganref.jp/m/katsuhiko_honda/reviews_and_diaries/diary/9565

 

CP+

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1035023.html

 

お苗場

http://www.onaeba.com

 

zooms

http://www.cpplus.jp/zoomsjapan/

 

エプサイト

http://www.epson.jp/katsuyou/photo/taiken/epsite/event/gallery2/17/

 

西新宿

https://sagarcia.jp/area/tokyo/shinjyukuku/100024/column/nishi-shinjyuku_history

https://ja.wikipedia.org/wiki/西新宿

 

本を読んだ「アフィリエイトで月20万円稼ぐ方法」
アナログ文系サラリーマンでもできる! アフィリエイトで月20万円稼ぐ方法アナログ文系サラリーマンでもできる! アフィリエイトで月20万円稼ぐ方法
五十嵐 勝久

KADOKAWA/角川書店 2016-04-23
売り上げランキング : 267214

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

この本を読んだ。

 

気になったトピックをメモ。

 

・確定申告

イケダハヤト氏おすすめのブログ運営サイト

イケダハヤト氏のブログ記事「前年比1.5倍!? 「アフィリエイト詐欺」に騙される人が、グイグイと増えている件。

に記載されていたおすすめのブログ指南サイト。

 

アフィリエイト戦記

 

アフィリエイト野郎!

 

あと、

 

G-tools